内定がもらえる人ともらえない人の違い

公表された数字では就職内定率が悪化し最も低い率になったが、そんな環境でも合格通知を手にしている人がいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の違うところは果たして何なのだろうか。

【就職活動のために】転職活動が学卒などの就職活動と全然違うのは応募書類の一つである「職務経歴書(過去に経験した職務・職業上のポジションや仕事の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうかなのだ。伝えたい職場でのポジションや職務経歴をできるだけ理解しやすく、要点をはずさずに作る必要があるのです。 企業というものはいわば1人だけの都合よりも組織全ての都合を重視するため、往々にしていやいやながらの人事転換があるものです。必然的にその人にはいらだちが募ることでしょう。 ふつう自己分析をするような場合の意識しなければならない所としては、現実的でない表現を出来る限り用いない事です。言いたい事が具体的に伝わらないたわごとでは、採用担当者を認めさせることはできないと知るべきです。 最初の会社説明会から関与して筆記によるテストや面談とコマを進めていきますが、他のルートとしてインターンや卒業生を訪問したり、採用担当者との面接といったやり方もあります。

【就職活動の知識】離職するほどの覚悟はないけれど、できればうまく今よりも月々の収入を増やしたいとき。それなら収入に結びつく資格取得に挑戦するのも一つの手法かもしれない。 現実に、私自身をキャリア・アップさせたいとか、どんどんキャリア・アップできる場所で就職したい。そんな願いを耳にすることがしょっちゅうあります。自分が伸びていないと気づくと、転職を考える方が大勢いるのです。

【対策】面接の際は、受けに来た人がどんな人なのかを確認しているわけですから、準備した文章を上手に読むことが求められているのではない。誠意を持って自分のことを担当者に語ることが大切。

【応募する人のために】面接してもらうときまず転職の理由について質問される。「どのように考えて辞めたのか?」についてはどの企業も非常に気になる問題です。自分で転職した理由を非常にしっかり整理しておく必要があるのだ。 この後も拡大が続きそうな業界に勤務したいのならその業界が実際に飛躍が見込める業界なのか、急激な成長に対応した経営が行えるのかどうかを確かめることが重要なポイントでしょう。 ある日いきなり人気の会社から「あなたをぜひ採用したい」なんていう場合は殆ど可能性はないでしょう。内定をどっさり受けているタイプの人はそれと同じくらい不採用にもなっているものです。 即時に中途採用の人間を入れたいと計画している企業は、内定してから返事までの日時をほんの一週間程に限定しているのが普通です。 職業安定所といった所の職業紹介をされた場合に、その会社に入社できることになると、条件(年齢等)によって、そこの企業より職業安定所に就職仲介料が払われるという事だ。 会社ならば1人の具合よりも組織の理由を至上とするため、ちょくちょく気に入らない人事転換があるものです。当然ながら当事者にしてみれば不満がたまることでしょう。

【ポイント】選考試験に応募者だけのグループディスカッションを選択しているところが増えているのだ。採用担当者は普通の面接だけでは見られない本質の部分を見たいというのが狙いなのです。